野菜通信

業務用野菜のTSUKASA

2015.05.15

野菜通信

毎度ありがとうございます。
先日は、季節外れの台風に少し驚きましたが大きな被害もなく
雨もいい塩梅に降ってくれたようで入荷が増えてきています。
今週の大田市場、野菜相場は下げが多く見受けられます。
キャベツ、大根、白菜、じゃが芋が高値圏にあるほかは
殆どの商品は安値圏に入っております。
特に、レタス類は新産地(信州)からの供給が始まったおかげで
半額程度まで下がっています。
高値を付けているキャベツなどは、主力産地の茨城で
日照不足からの雨不足で生育が遅れているようです。
これが改善されるまで下がるのは難しいようです。
キャベツは気持ちですが週中で価格改定をしております。
今週ももう一段下がりますので少しは安心してもらえれば幸いです。
ここから梅雨入りくらいまでは安定相場で推移するので
安心して使ってもらえればと思います (^^)
じゃが芋、玉葱の産地が切り替わります
じゃが芋は全て長崎の「新じゃがいも系」の水分の多い品種に切り替えとなります。
玉葱も早ければ20日ころには新物に切り替わる予定です。
皮付きのヤングコーンが入荷安定してきたので
特売やらせて頂きます。
まだ、入荷したてなので若干高めです
5本で200円
バーニャ、フリット、天麩羅などなど
お試しください!
トウモロコシも入荷しているので是非どうぞ
フレッシュライチの入荷がスタートしました。
実山椒の入荷もスタートいたしました。
ここから1ヶ月少し入荷のあります
約300g入りパックでの販売となります