野菜通信 相場高値のご報告

2018.09.14

野菜通信 相場高値のご報告

From 池田 将義
毎度ありがとうございます。
すっかり涼しく過ごしやすくなりました。
今年の夏は異常な暑さに苦しめられました。
台風、北海道の地震の影響も受けており
野菜の相場が上がってきています。
最近の野菜の高騰は天候だけが原因ではなく
産地の事情も含まれております。
お客さまにとって少しでも分かりやすくご説明ができればと思い
今週は相場レポートに力を入れて書かせていただきます。
また、今週は季節を演出する「あしらい」と「果物」をご案内させていただきます。
下の写真は左から「青いちょう」「赤もみじ」です。
今週は各300円でご用意しています。是非お試し下さいませ!

今週の大田市場、野菜相場は上げています

北海道の地震に関する相場の高騰は一段落着いてきてくれましたが、
台風の影響、産地切り替えによる影響と価格が高くなる要素が増えているのが現状です、
大根
人参
玉レタス
サニーレタス
きゅうり
茄子
ほうれん草
小松菜
にら
パプリカ

ここにきて、産地の切り替え時期である

「端境期」に突入したことが原因となり価格が上がってきています。

端境期とは、四季ごとに産地が切り替わっていく
「切替え時期」なのですが
特に〈夏→秋〉〈冬→春〉は高値になる傾向があります。
夏の産地である東北、北海道、長野から
秋の産地である茨城、群馬など北関東産に切り替わります。
終了になる産地では出荷数量が減る傾向にあり
新しい産地では出荷が始まっていないという状況です。

野菜の相場は需給関係にて変動します

入荷が増えれば安くなるし
入荷が減れば高くなります
商品需要が高まれば高くなり
商品需要が下がれば安くなります
今の時期は全体的に需要が弱いので入荷量が少なくても
ある程度で止まってくれているように見受けられます。
この先の相場の推移は入荷量により大きく変動があります。
しかし、秋の産地が始まる9月中下旬には落ち着くので安心して下さい。
この高値は毎年のお決まりパターンで、例年ですと9月の3週目まで続く傾向があります。
少しでも安心してもらえる環境を作るために最善を尽くします。
ご不便おかけして心苦しい限りなのですが何卒宜しくお願い致します。


旬の野菜、旬の果物のご案内

先週特売した「里芋小芋」は大人気につき今週も特売です

お通しにも使える小芋ちゃんです。
 


松茸

輸入の松茸ですが、中国産が残り僅かとなってきておりした。
この先産地がアメリカ、カナダ産に切り替わる予定です。
写真左が中国産、右がカナダ産です。
見た目が少し丸っこいのですが香りはカナダも悪くないと思います。
国産も少しずつ増えてきているので予算感を教えてもらえると
狙って仕入れるのでお任せ下さい!
 


むかごの入荷が安定してきました。

「むかご」とは山芋の葉の付け根にできる芽の一種。
コロコロとした見た目が可愛いのですが、香りがしっかりあるので
炊き込みご飯や素揚げで美味しく食べられます(^^)


安納芋に紫芋

新物のお芋が入荷しています。
安納芋も紫芋も1本から
お出しできますのでお気軽にご注文下さいませ。
新物のさつま芋は水分が多いです。
収穫して間もない今の時期よりも
貯蔵して少し乾燥させた冬の時期が美味しくなります。
1番美味しい時期は、、、真冬の1月、2月です。
 


梨は秋の品種「豊水」へと切り替わりました。
梨
水分たっぷりジューシーです。
梨のハイボールにいかがでしょうか\(^o^)/
今週は特売でもご用意しております。


人気の新品種 シャインマスカット
シャインマスカット
皮ごと食べられて香りも◎
自家製デザートにいかがでしょうか(^^)


種無しピオーネです。
ぶどう
定番の黒ブドウ。
こちらは皮は食べられませんのでご注意下さい。
皮ごと食べられる黒ブドウ「ナガノパープル」も
取扱ありますので是非
 


秋の果物「いちじく」は品薄が続いております。
いちじく
大変申し訳ありませんがしばらく欠品の可能性がございます。
 


今週の特売をご案内させていただきます\(^o^)/
あしらい            各種 1PK 300円
青いちょう、赤もみじ、柿の葉
里芋 小芋             1PK200円
種無しピオーネ            1PK480円
梨(豊水)              1PK280円