野菜通信 お盆明けの相場事情

業務用野菜のTSUKASA

2017.08.18

野菜通信 お盆明けの相場事情

From 池田将義
毎度ありがとうございます。
お盆は冴えない天気でしたね。
今年は涼しくて過ごしやすいのですが
20日近く雨が続いているのは珍しいです。
調べてみると今年は40年ぶりの天気のようです。
少し冷夏の傾向もありそうですが、
野菜にとってはカンカン照りの暑さよりはダメージが少ないと思います。
しかし、雨が続いての影響は少し出ています。
お盆前後は価格の変更を差し止めて対処させて頂いたのですが
価格が高くなっている野菜が増えてきています。
狂ったような高いものは無いのですがジワジワと上げてきている。
そんな状態です。
詳しくは下に記載させて頂きます。
ご不便おかけして大変申し訳ありませんが
ご理解いただけますようお願い致します。

今週の大田市場、野菜相場は上げています。

降り続いた雨の影響が出てきています。
また、お盆期間前後の出荷調整も絡み全体的に上がっているといった状態です。
ご安心していただきたいのは想定範囲内ということです。
確かに高くなっているのですが、異常だという程ではなく、
例年の夏場に高くなるパターンよりは15%程度は安い状態です。

相場が上がっている野菜をご案内します

キャベツ
レタス
きゅうり
長葱
大根
特に土に埋まっている野菜は、畑がぬかるんで収穫効率が低下して上がっています。
また、葉物、果菜は日照不足の影響が出ています。
また、生産者さんがまだ本格稼働していないなど高くなる要素が絡み合っている状態ですので
来週以降は相場が下がって来るのではないかと見ています。
気になる所は、葉物の品質です。
レタス類などは雨の影響で水分含有量が増えているので
傷みが増えているように見受けられます。
弊社も検品担当者を増員して対応させていただいております。
今後も最善を尽くさせて頂きますので
何卒宜しくお願い致します。