野菜通信  来週の相場情報

業務用野菜のTSUKASA

2013.06.28

野菜通信  来週の相場情報

野菜がとても高くなっています。
小松菜を筆頭に、水菜、チンゲン菜、ほうれん草などの葉物が目立ちます。
クレソンは品質がイマイチなのですがご注文に対応するため
各市場から手配しております。
その他は大根・キュウリにレタス類が厳しい状態です。
因みに市大田場では小松菜が1束500円で競り落とされております。
うちも数量確保のために泣く泣く手配している次第です。
高値が付く際には、品薄な状態になっております。
何故品薄になっているかというと産地からの出荷量が少ないのが
一番の原因です。
今回の状況について一部産直で商品を手配している
宮城県の農園さんにお話を伺えましたので報告させて頂きます。
もともと夏場は葉物は厳しい時期に入るのですが
今年は例年にも増して早いとのことです。
通常仕入れている数量よりも増やすことを交渉させて頂いておりますが
先方も契約分の出荷を捌くので精一杯のようで増量は難しそうです。
今回の相場高騰(産地では不作)の原因はなんですか?
と尋ねたところ
高温多湿なことと日照不足続きで病気が発生したり
葉先が黄色く変色してしまうのが原因と言っておりました。
この先の回復の見込みは天気次第ですが
分からないとのことです。
もともと葉物野菜は冬場が旬ですので
夏場は栽培が難しく高値を付けがちです。
「旬」な夏野菜を使って頂ければ
コストは比較的抑えることが出来ると思います。
葉物が高くてご不便ご迷惑おかけしているので
今回の特売は人気の夏野菜である
オクラ
ズッキーニ
茗荷
を来週からの1週間100円にて販売することと致しました。
胡瓜は近県産産地と東北産地の切り替え時期である
「端境期」の突入しているため入荷が少なめの状態になっております。
ご不便おかけして心苦しい限りですが
品質、安定供給の両面から考えると
値切って買えるような状況ではございません。
ご不便おかけいたしますが何卒ご理解くださいます様
お願い致します。