今年も終わりです

業務用野菜のTSUKASA

2013.12.27

今年も終わりです

本年も残すところ数日となりました。
新規のお取引も沢山のお声がけ頂き
お客様よりたくさんのご支持を頂きまして大変感謝しております。
私どもの所属する青果流通業界では年を追うごとに競争が激化しており
来年は大変厳しい経営環境になる年になると思います。
今年は年末に淀橋市場の菊池商事さんという大手の青果流通業者が廃業したと
兵庫あたりの荷受け会社が突然倒産したりと情報が入ってきております。
・・・非常に残念です。
急に納品がストップするような廃業が増えており
納品先に沢山の迷惑がかかっているようです。
依然厳しい経営環境の中ですが
TSUKASAはお陰様で本年度も順調に業績が伸びております。
私どもの経営状態の健全性は
お客様へのご納入単価に比例すると考えております。
他社さんとの違いはお客様ポートフォリオを常に適正に保つことを重要視していること。
その一例が大手の外食チェーンなどのお客様とはお取引はしていないことです。
お声がけいただくケースは多々あるのですが、全てお断りしております。
大手さんは非常に購買力があり、「損して納品せざるを得ない」ケースが出てきます。
損して納品した穴埋めは・・・その他で補てんするような単価設定をしているケースは
相当あると思います。
でないと、梱包費用、物流費、その他販管費、銀行金利など決して低コスト体質ではないので健全な経営は
厳しいはずです。
私どもは常に適正価格でご納入することを大事にしております。
2014年は消費税の増税が絡む勝負の年。
飲食店のお客様は「コストの削減」と「顧客争奪戦争の激化」と
厳しい経営環境になる中で私どもがお役立ちできる部分が大きくなってくると
考えております。
TSUKASAは「コスト削減」はもちろんですが
「魅力ある野菜」で集客アップと売上アップに貢献できるはずです。
2014年はTSUKASAでしか買えない特別な野菜を
更に強化しお客様の集客力アップにお役立ち出来る様に
従業員一同努力致しますので何卒宜しくお願い致します。
司商事 株式会社 
外食納入事業部 従業員一同