パクチー 仕入れ

2019.01.29

野菜情報

パクチー 仕入れ

パクチー

注目されるパクチーの効能

東南アジア料理で見かけることの多いパクチー。好き嫌いがはっきり分かれるような、その独特の香りが特徴です。
香りが苦手で食べられない人も多いでしょうが、実は体のためには是非とも食べたい、とてもいい食材だということがわかっています。

パクチーはセリ科の植物で、中国では香菜、英語ではコリアンダーと呼ばれます。
インド料理やベトナム料理、タイ料理などで食される生葉をパクチーと言い、種の部分がコリアンダーと言われます。
共に香りづけのハーブとして、パンチの効いた味付けにするために効果的ですが、抗酸化作用が大変高い食材としても注目されています。

このパクチーは、古くは古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマの時代から医療に使われた歴史があり、その薬用効果が認められてきました。
疲労のもととなる体内に蓄積された有毒金属(鉛や水銀、カドミウムなど)を体外に排出するデトックス効果、活性酸素の発生を抑止する効果など、
実に大豆の10倍以上の抗酸化作用があるとされています。これは食品の中でもかなり高い数値です。
また、消化を助け、食中毒や二日酔いの予防にも効果があると言われています。

最近はこの効能を知ってか、パクチーの人気は年々高まっています。
中には、パクチー料理だけを扱った専門店まであり、ネット上で話題となっているほどです。
今後ますますパクチー人気は高まり、愛好家が増えていくのかもしれません。

パクチーの相場事情

近年人気が高まっておりますが、軸の細い軟弱野菜なので
真夏の暑さに弱い特徴があります。

また、比較的温かい地域が原産の野菜なので寒さにも弱い。
真夏、真冬は高値で推移することもしばしば。

また、生産者は少数です。
供給が追いつかないことが多いので相場の推移位に注意の必要な品目です。